• HOME
  • 解決事例
  • 頚椎捻挫等で14級と認定され賠償金392万円で解決した事例

頚椎捻挫等で14級と認定され賠償金392万円で解決した事例


依頼者 : 男性(事故当時28歳)
等 級 : 14級8号
傷病名 : 頸椎捻挫,左足部打撲
 

事故態様

高速道路で,前方の渋滞に従って依頼者が同乗していた知人の車が停車中に,後方から走行してきた加害車両に追突されました。

ご依頼の経緯

通院中に,相手方交通共済から,「次月いっぱいで治療費の支払いを打ち切る」と言われて不安になり,当事務所に相談し,依頼されました。

受任後の活動

受任当時,依頼者はまだ通院中でしたが,後遺障害診断書作成時の注意点等について入念に打合せをしておき,症状固定後に医師に後遺障害診断書を書いてもらい,当事務所から被害者請求を行って,後遺障害等級14級9号を獲得しました。その後,相手方交通共済と当職が示談交渉をした結果,賠償金392万円で合意しました。
 

結果

既払いの治療費を含め,賠償金392万円で解決しました。

解決のポイント

本件は,頸椎捻挫で他覚的所見に乏しいケースであり,後遺障害等級認定非該当の可能性も大いにありました。こういったケースでは,後遺障害診断書作成時に,一貫している症状を漏れなく記載してもらうことが重要です。それに加えて,被害者請求時の事故発生状況報告書に詳しく事故状況を記載し,事故の衝撃の強さを訴えたことが認められ,後遺障害等級14級9号の認定につながりました。  



横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.