• HOME
  • 解決事例
  • 頚椎捻挫(後遺障害は残らなかった)で、賠償金278万円で解決した事例

頚椎捻挫(後遺障害は残らなかった)で、賠償金278万円で解決した事例


依頼者 : 男性(事故当時39歳)
傷病名 : 頚椎捻挫、左膝打撲
 

事故態様

  依頼者が軽トラックを運転中に、青信号にしたがって直進で交差点に進入しようとしたところ、相手車が右側から赤信号を無視して交差点に進入してきたため、急ブレーキをかけましたが間に合わず、加害車の左側面に衝突しました。     その約1か月後、依頼者が軽トラックを運転中に、赤信号で停車していたところ、わき見運転をしていた相手車に後ろから追突されました。

ご依頼の経緯

事故によって仕事を休まなくてはならなくなり、休業補償はいつされるのか、今後どのような流れになるのか等、相手保険会社から詳しい説明がなく、ご自身で保険会社とやりとりをすることに不安を感じ、当事務所にご依頼されました。 

受任後の活動

保険会社との交渉により、通院慰謝料を増額するなどしました。
 

結果

既払金を含め、賠償金278万円(2事故合計)で解決することができました。  

解決のポイント

依頼者ご本人が交渉していたときは、通院慰謝料が保険会社独自の基準であったため、低額なものとなっていましたが、当事務所が交渉することで裁判基準額に近づけることができた点です。     依頼者は立て続けに2回の交通事故に遭われ、肉体的にも精神的にもダメージが大きい中、経済的な面でも不安を感じられていましたが、弁護士に依頼したことにより安心して治療に専念することができたとのお声をいただきました。  



横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.