• HOME
  • 解決事例
  • 頸椎捻挫で物損含め賠償金292万円で解決した事例

頸椎捻挫で物損含め賠償金292万円で解決した事例


依頼者 : 男性(事故当時50歳)
等級   :  なし
傷病名 :  頸椎捻挫、右肩挫傷、頭部打撲  
 

事故態様

依頼者が自家用車を運転中に、青信号を右折しようと減速した所、信号無視の加害車両に追突され、依頼者の自家用車右側面に衝突しました。事故3か月前に新しく買い換えた車は全損となってしまいました。  

ご依頼の経緯

当初、相手方が青信号での直進を主張され相手方保険会社も争う姿勢を見せていたこと、依頼者自身も事故のショックで記憶が曖昧であったことなどから不安を感じ、当事務所にご依頼されました。 

受任後の活動

保険会社との交渉により、車両時価額197万円,及び買替費用・ETC代・レッカー代・レンタカー代を認めさせました。また、治療費・通院交通費・休業損害(有休使用分)・慰謝料については、こちらの提示通りの額を支払わせることに成功いたしました。
 

結果

ご依頼から3か月後に、既払金・物損賠償金を含め、賠償金292万円で解決することができました。  

解決のポイント

被害車両の被害状況、及び車そのものの情報を詳しく調べ、適切な根拠に基づき、新車買換費用を請求したことです。結果、修理では足りず買換相当であると認められました。  
 


横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.