• HOME
  • 解決事例
  • 外傷性頸部症候群等で後遺障害14級と認定され、賠償金468万円で解決した事例

外傷性頸部症候群等で後遺障害14級と認定され、賠償金468万円で解決した事例


依頼者 :男性(事故当時42歳)
等級   :併合14級
傷病名 :外傷性頸部症候群、腰椎捻挫、右半身打撲  
 

事故態様

依頼者が自家用車を運転中に、交差点で右折しようと減速した所、後方の加害車両が追い越そうと、依頼者の自家用車右側面に衝突しました。  

ご依頼の経緯

事故から半年後に、相手保険会社から示談書が一方的に送られてきて、賠償金額に不安を感じ、当事務所にご依頼されました。  

受任後の活動

保険会社との交渉により、逸失利益額を増額し116万円にし、また後遺症も含め慰謝料支払いを認めさせました。
 

結果

既払金を含め、賠償金468万円で解決することができました。  

解決のポイント

相談者ご本人が交渉していたときは、慰謝料が保険会社独自の基準であったため、低額なものとなっていましたが、当事務所が交渉することで裁判基準額に近づけることができた点です。  
 


横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.