• HOME
  • 解決事例
  • 頸椎捻挫他で12級13号と認定され,758万円で解決した事例

頸椎捻挫他で12級13号と認定され,758万円で解決した事例


依頼者 : 男性(事故当時30歳)
等級   : 12級13号
傷病名 : 頸椎捻挫,腰椎捻挫,背部挫傷,右大腿挫創  
 

事故態様

ご依頼主が車で高速道路を走行中,渋滞に巻き込まれました。最後尾で停車中に,後方から50~60キロで走行してきた加害車両に追突され,胸をハンドルにぶつけました。  

ご依頼の経緯

事故から半年後,未だ治療が続く中,相手方保険会社から示談の提示を受け,不安になり当事務所へ相談にいらっしゃいました。  

受任後の活動

行政書士と共働し,後遺障害診断書,及び神経学的所見の推移を作成いたしました。被害者請求の結果は,頚部・腰部共に「局部に神経症状を残すもの」として14級9号と認定されました。  
しかし、頸椎の痛みはひどく、納得のいく認定結果ではありませんでした。したがって、医学的に証明できることを示すために、新たに整形外科で撮影した画像,及び画像診断読影報告書を添付して,異議申立てを行いました。  
その結果、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号の認定を受けました。  その後の示談交渉で、保険会社は、素因減額を主張してきました。  これに対し、当案件に対し素因減額を認めるべきではないと裁判例をもとに主張を展開いたしました。
 

結果

その結果,計758万円で解決いたしました。 

解決のポイント

受任当時、依頼者はまだ治療を終了しておらず、被害者の症状を詳細に聞き取り、聴き取った症状等から12級13号の認定が可能と判断しました。  
そこで後遺症認定に向けたアドバイスを行うことにより、正しい後遺障害等級認定を受けることができた点があげられます。  
また、示談交渉により裁判例に基づいた主張を展開することで提示金額からさらに増額することができた点です。  

 


横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.