• HOME
  • 解決事例
  • 外傷性頸部症候群で14級と認定され、賠償金538万円で解決した事例

外傷性頸部症候群で14級と認定され、賠償金538万円で解決した事例


依頼者 : 女性(事故当時33歳)
等級   : 14級9号
傷病名 : 外傷性頸部症候群  
 

事故態様

見通しの良い直線道路で依頼者が信号待ちをしていたところ、走行してきた加害車両に追突されました。  

ご依頼の経緯

任意保険会社から、「今月末で治療終了だから、その後の治療費は支払わない」と言われて不安になり、当事務所に相談をして、委任されました。  

受任後の活動

休業損害:任意基準→裁判基準の賃金センサスによる算定方法で32万円増額 慰謝料:弁護士がつくだけで、任意保険会社は、初めから高めの提案をしてくるのですが、そこからさらに、交渉により、通院慰謝料は25万円の増額、休業損害は32万円の増額、後遺症逸失利益は42万円の増額、後遺障害慰謝料は70万円の増額をしました。
 

結果

治療費や通院費といった既払金と、自賠責からの支払いを含め、賠償金538万円で解決しました。 

解決のポイント

後遺障害診断書作成のポイントを詳しく説明してから作成したことで、治療終了後、スピード解決することが出来ました。 任意保険は、一日あたりの休業額で算定した休業損害を提示してきましたが、裁判基準である賃金センサスによる算定方法で交渉することで、依頼者が受け取るべき適正な金額で合意することが出来ました。  
 


横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.