• HOME
  • 解決事例
  • 頸椎捻挫等で後遺障害14級9号と認定され、物損含め賠償金652万円で解決した事例
 

頸椎捻挫等で後遺障害14級9号と認定され、物損含め賠償金652万円で解決した事例

依頼者 :男性(事故当時41歳)
等級   :14級9号
傷病名 :頸椎捻挫、外傷性椎間板ヘルニア、両上肢末梢神経障害
 

事故態様

依頼者が自動車を運転中に、赤信号にしたがって停車していたところ、後方からわき見運転をしていた加害車両に追突されました。 依頼者の車の修理にも多額の費用が掛かり,こちらも含めて示談の対象となりました。

ご依頼の経緯

適正な後遺障害等級認定を受けるための必要な資料や、書面作成の手順について知りたいと、当事務所に相談し、委任されました。

受任後の活動

受任後、被害者請求を行い、14級9号と認定されました。 その後の示談交渉では、逸失利益が争点となりました。相手保険会社は、本件事故が、医師である依頼者の職業上の不利益や、経済的損失に対する具体的関連性が明らかでないとして、提示額に含めていませんでした。そこで、現実に発生している損害を説明し、交渉を続けた結果、逸失利益については453万円で解決しました。
 

結果

物損及び既払金を含め、賠償金652万円で解決することができました。

解決のポイント

依頼者の症状を詳細に聞き取り、聴き取った症状等から14級9号の認定が可能と判断しました。 そこで後遺症認定に向けたアドバイスを行うことにより、正しい後遺障害等級認定を受けることができた点があげられます。 また、依頼者の損害を丁寧に立証することで、依頼者が獲得すべき逸失利益を得ることができ、適正な賠償額で合意に至りました。






横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.