• HOME
  • 解決事例
  • 頚椎捻挫等で、賠償金165万円で解決した事例
 

頚椎捻挫等で、賠償金165万円で解決した事例


依頼者 :男性(事故当時32歳)
等級   :なし(前回12級)
傷病名 :頸椎捻挫、腰部挫傷

事故態様

タクシーが、高速道路で走行車線から追い越し車線に車線変更する際、追い越し車線を走行していた車に側面衝突し、タクシーの乗客であった依頼者が受傷しました。
 

ご依頼の経緯

以前に別の交通事故で首のむちうちの障害を負い、当事務所が受任して後遺障害等級12級の認定を受け、解決したことがあったことから、今回の事故についても当事務所に依頼されました。
 

結果

既払い金を含め、賠償金165万円で解決しました。

解決のポイント

以前に認定を受けた部位と同一であったため、後遺症の認定申請はしませんでした。相手から提示された慰謝料を増額し、早期に解決しました。 



横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.