むちうち(頸椎捻挫・腰椎捻挫)の後遺障害

 
交通事故に遭われた方で一番多い症状は「むちうち」といわれる症状です。むちうちは、傷病名としては頸椎捻挫、頸部挫傷、外傷性頸部症候群、外傷部頸部捻挫、バレ・リュー症候群などと表現されます。
 
一般的にむちうちは、後遺障害等級に該当しないと判断されてしまうことが多いようですが、後遺障害等級認定のポイントをしっかり押さえ、的確な主張と医学的資料を揃えることができれば、後遺障害等級認定を受けることは十分可能です。むちうちの後遺障害としては、次のとおり12級と14級が定められています。
 

頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害

 

12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの



むちうちで後遺障害の等級認定が受けられる症状

 

頚部神経根症状・・・頚部痛、左右いずれからの頚部から手指にかけての痺れ、だるさ、重さ感
腰部神経根症状・・・腰部数、左右いずれからの腰部から足指にかけての痺れ、だるさ、重さ感

これらの症状が受傷直後から症状固定まで一貫して継続していることです。
 

むちうちで等級認定を受けるためには

 

①自覚症状がある
シビレ、痛み、頭痛、めまい、吐き気、だるさなどの自覚症状を医師に伝え、後遺障害診断書の「自覚症状」の欄に記載してもらいましょう。
 
②画像所見がある
画像所見について、MRIは必須です。また、事故当初からのMRI画像は、神経根圧迫状態等の経緯を観察する上で、重要な役割を果たしますので、MRIの撮影装置を常備した病院に通院した方が良いでしょう。
 
③神経学的検査による異常所見があること
検査手法としては腱反射検査、病的反射検査、筋力検査、知覚検査、徒手筋力検査、筋萎縮検査、ジャクソンテスト、スパークリングテスト、ラセーグテスト、SLRテスト、FNSテスト、バレーサインなどがあります。これらの検査で異常所見があれば、必ず意思に後遺障害診断書に記載してもらいましょう。
 
④整形外科に通院を続けること
整骨院や鍼灸院、整体、カイロ、気候には行かないこと。行ったとしても自費診療を行うこと
 
⑤症状固定までのリハビリ通院を積み上げること
 


横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.